乾燥肌には化粧品がうってつけです|ランキングでGETしよう

スキンケアのテクニック

笑顔の婦人

より効果を得るには

保湿に大切な化粧水は、しっかり正しく使うのが重要です。せっかくの化粧水もより良い使用方法を知らないと、効果が半減してしまうのです。まず、洗顔後にすぐ使うことが大切です。洗顔してしばらく経つと、化粧水の浸透率は薄れてしまいます。洗顔したらそのまますぐ使用しましょう。また、手でパシャパシャと使用すると、本来は肌に浸透させたい成分が手に浸透してしまいます。コットンを使用すれば、均一に浸透させることが出来ます。ただし、コットンの刺激が肌にダメージを与えてしまうことがあるので、優しく肌に馴染ませていきましょう。特に敏感肌の場合、肌の毛細血管が傷ついてしまうケースもあります。コットン自体の質が合っているのかも重要です。

過度な使用は良くない

化粧水は、使えば使うほど保湿に良いわけではありません。そもそも、肌には保湿の限界があります。製品の使用法・容量をしっかり守りましょう。保湿はニキビ肌や、乾燥しやすい肌に向いています。ただし、何度も一度に使うとむしろ乾燥してしまうのです。過度な化粧品の使用は、結果的に肌の老化につながってしまいます。また、化粧水選びも気を付けましょう。自分の肌に合った製品でないと、思わぬ肌トラブルに悩まされます。肌の弱い敏感肌の場合、エタノールやアルコールが含まれる化粧水には注意です。しかし、殺菌効果など様々な効果もあるので一概に良くないとは言えません。配合量に気を付けて、成分表をよく確認してから使用するのがお勧めです。